【一般・大学生対象】オンライン講座「バンコク国際機関実務者養成コース:社会開発分野」

2020年11月16日〜12月17日にかけて、一般の方を対象としたオンライン講座「バンコク国際機関実務者養成コース:社会開発分野」を開講します。毎週月曜日と木曜日の夜に週2回開講・全10回のシリーズ講座です。
Sophia GEDと上智大学国際協力人材育成センターの共同実施となります。

国際公務員や国際協力分野でのキャリア形成を目指す社会人や学生のみなさんを対象として、ASEAN 地域の現場で活躍する現役の国際機関の職員の方々から、各機関で求められる実務的知識やスキルを学ぶほか、国際機関や国際協力分野で働く意義やその世界観の共有を通じて、キャリア形成についても理解を深める機会を提供します。

講師は、主にタイ・バンコクにある国際機関で活躍中の現役職員の方々です。バンコクには、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)という地域統括本部や主要な国連機関のアジア太平洋地域事務所、世界銀行やアジア開発銀行などの国際開発金融機関の駐在事務所が集います。
これらの国際機関は、民間セクターとも協働し、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成にかかる取り組みを強化しています。中でも教育、保健・衛生、労働、社会的保護、移民、社会インフラ整備等に係る社会開発分野には困難な課題が山積し、高度な専門性を持つ実務者の養成が望まれています。

SophiaGEDの現地ネットワークを生かして複数の国際機関から講師をお招きし、社会開発分野についてダイナミックに変貌するASEAN地域の現場で展開されるさまざまな政策やプロジェクト事例を元にした双方向性の講義を提供します。


■ 講座概要

形態オンライン(zoomを予定)
使用言語日本語(文献・資料は英語を含む)
開講時期2020年11月16日(月)〜12月17日(木)
毎週月曜日と木曜日の週2回開講・全10回
講座時刻:19:30-21:00 (JST)
対象社会人・学生
受講料40,000円(上智大学在学生・卒業生割引あり)
コーディネーター廣里 恭史
(Sophia GED代表取締役/上智大学グローバル教育センター教授/元アジア開発銀行主席教育専門官)
協力機関・UNAIDSミャンマー事務所
・UNICEFタイ事務所
・UNESCOバンコク事務所
・IOM(国際移住機関)アジア・太平洋地域事務所
・JICAタイ事務所
・世界銀行ラオス事務所
内容■東南アジア地域における看護と助産の取り組みについて(UNAIDS)
■タイの社会政策と社会的保護プログラム(UNICEF)
■ノンフォーマル教育×ICT 革新的プロジェクト企画と運営(UNESCO)
■アジア・太平洋地域における国際移民問題(IOM)
■ディーセントワークとは?:ASEAN共同体における労働移動とスキル開発(ILO)
■「質の高い成長」のための開発協力アプローチ(JICA)
■教育部門における融資形態、ログ・フレーム、プロジェクトサイクル(アジア開発銀行)
■ラオスの保健衛生部門と新型コロナウイルス感染症対策緊急支援(世界銀行)、など
*変更の可能性あり
受講方法受講申込書類によりスクリーニングを行い受講者を決定
講座詳細・申込ページhttps://dept.sophia.ac.jp/is/shric/extension-courses/bangkok
申込締切10月6日(火)
お問合せ先上智大学国際協力人材育成センター
e-mail:hrc-ic-co[at]sophia.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です