【上智大生対象】「メコン経済回廊スタディーツアー – 肌で感じるASEAN共同体 – (東部・南部経済回廊編)」の参加申請受付中 *11/12〆切

2020年2月23日(日)〜3月4日(水)の11日間の日程で、上智大学・春期休暇実践型プログラムとして、
「メコン経済回廊スタディーツアー – 肌で感じるASEAN共同体 – (東部・南部経済回廊編)をタイ・カンボジア・ベトナムをフィールドに実施します。

メコン経済回廊に沿って国境を越えながら陸路で移動し、経済特区やインフラ視察、企業や国連機関への訪問、アンコール・ワット等文化遺産の訪問、連携大学での学生交流などを通して、メコン地域の経済発展について学ぶことができるスタディーツアーです。

「メコン経済回廊スタディーツアー 」PDFダウンロード

申し込み方法:(※こちらのプログラムは上智大学在学生のみ対象となります)
*1次募集:2019年11月8日(金) 15:30まで
*追加募集:2019年11月12日(火)15:30ま
詳細は2号館1Fグローバル教育センターへお問い合わせください。

LOYOLAに募集要項・申込用紙が掲載されています。
LOYOLA「ダウンロードセンター」→「グローバル教育センター」→「海外短期プログラム 募集要項・申込用紙」→「★2019年度春期休暇中実施」フォルダ内を参照してください。

ダイナミックに変貌するASEAN/メコン地域を舞台に、講義と実地体験を組み合わせたプログラムによって、座学のみでは得ることができない実践的な学び=「きっかけ」を得ることができます。
国をまたがる経済回廊を、陸路で移動するのが大きな特徴です。
空路での旅行やプログラムと違い、地域の様子を詳細に感じ取ることができます。

上智大学に在学する学部生はどなたでも参加できます。様々な学部の方による、多様な見方を共有できるのも魅力の一つです。上智大学の強みの一つでもある国際プログラムを経験してみたい1年生から、就職を控えつつ、大学生の今だからこそ参加できるプログラムで視野を広げておきたい4年生まで、さまざまな方に参加いただけることを楽しみにしています。
内容詳細はPDFよりご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です